@ 予備知識や基本情報

○ねじには、オスねじとメスねじがある。
 ・オスねじ(おねじ)は、外側にネジが付いています。
 ・メスねじ(めねじ)は、内側にネジが付いています。
 (オスねじとメスねじの組合せのみ接続可能で、同じ種類どうしでは接続できません)

○配管用ねじの形には、「テーパ」と「平行」がある。

 
・「テーパ」とは先に行くほど細くなる形状の事。(例:三角形や富士山)
  横から見て(わずかですが)先細なものが、テーパねじです。
 ・横から見て、(分かりづらいですが)平行なものが、平行ねじです。
○ねじ径(サイズ)の呼ばれ方 (ちなみに、1インチは、約25ミリ)
 
「1/2」(=4/8)  = 4分(ヨンブ)・ニブンノイチ → 13(または、15)A
 
「3/4」(=6/8) = 6分(ロクブ)・シブンノサン → 20A
 
「1」(=8/8)   = インチ → 25A
 
「○/○B」(分数)は「呼称」と言い、「インチ」を基準とした呼び方。(紫色の部分)
 「○○A」は「呼称」と言い、「メートル」を基準にした呼び方。
(緑色の部分)
 
(A・B呼称ともに、AやBを省いて言う場合が多い)
 実際には、これらの呼び方を合わせて使います。
(使う人によるクセも、かなりあります)
 例: 「13×20(またはロクブ)のオス」=「13(架橋ポリ)×3/4(ねじ)のオスねじアダプター」の様に使われています。
  「よくある質問」にも関連のページがあります。 

 

A ねじの種類の説明

 □ ねじの説明    

記号

呼称 

説明

R
 

管用テーパオスねじ
 

 
 ねじを先細に切った管用ねじ。適正トルクでねじ込めば、ねじ同士が密着します。
 シールテープを巻くか、シール材を塗布して施工します。
 (オスねじ)とRc(メスねじ)で組み合わせます。
 
(オンダの一部のRねじは、Gねじと組み合わせて、パッキンでシール出来ます。)
 

Rc
 

管用テーパメスねじ 
 

Rp

管用テーパーねじの平行メスねじ

 
 名前がややこしいですね。これは、管用テーパねじの規格内に分類される平行メスねじと言う事です。(ちなみにオスねじはありません。)
 ねじ込み量を調節しやすく、給水栓のねじ込みに使用されます。(水栓ソケットや水栓エルボなどによく使われるねじですね。)
 下のねじとはわずかに違います。
 ねじ、またはPJねじと組み合わせて使います。
 

G

管用平行ねじ (オス/メス共通)

 
 ねじを平行に切った管用ねじです。
 ねじ自体では気密性はなく、ねじ先端でパッキンを押さえつけることにより気密性を保持します。
 ねじ同士を組み合わせて使います。

注:パッキンは消耗品ですので、点検・交換が可能な場所に取り付けるようにしましょう。
   

PJ

給水栓ねじ(オスねじ)

 
 主に、水栓(蛇口)のオスねじ部分に使われているねじです。
 Rpねじと組み合わせて使用し、位置決め・ねじ込み量の調整が出来ます。 シールテープを多めに巻いて施工します。
 

 

B ねじの種類の組合せについて

→架橋ポリエチレン管専門の通販サイト・「架橋ポリ管.com」ホームへ